04


ベージュの素肌 夢に化した嘘 よもや濃い匂い 慎ましやかな指先 デジタルは人間秩序を知っている 非実在カノジョ 僕たちはひとしきり一人きりだった 死なないキミを愛してる 内側の終わりかた




わたしの言葉でおまえの心を揺さぶりたい うらぶれたヒューマニスト、独りでに歩き出す 隠さないで、あなたの恥ずかしいところを見せて 剥き出していた深海 きっと普通に生きて死ぬ Q.ところで普通ってなんだろう 眠らない朝焼け あなたの温い呼吸に浸っている




持続的に愛を終わらせる 染まるミニマム あなたが叫び喘ぐベッドは、さながらプレパラートのようだった 波打ち際の見極めをせよ 友情、愛情、損得勘定 いずれ話そう私の罪を 透明のカーネーション



10.05.10